九州食品産業特集

九州食品産業特集:アクタ 多様な目線で開発

機械・資材・IT 2020.06.29 12073号 23面
本社工場

本社工場

柴田伊智郎代表取締役

柴田伊智郎代表取締役

ワン折重73×38シリーズ

ワン折重73×38シリーズ

 アクタは2015年から19年にかけ、「和力(WAJIKARA)」を製品開発コンセプトに掲げてきた。デザインや機能性で日本らしさを追求。インバウンド拡大を受け、デパ地下などで伝統的な文化「BENTO(弁当)」が認知される場面が増え、一定成果があったとする。  今年からのスタートした新コンセプトは「CHANGE THE STANDING POSITION」だ。特に意識しているのは、自社目線に固執せず多様な立ち位置から開発を検討すること。例えば、新型コロナウイルス感染拡大を受け、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 九州食品産業特集

    九州食品産業特集

    総合

     農林水産省によると、2018年の全国、九州農業の産出額は全国で9.1兆円、九州で1.8兆円で、九州における全国シェアは19.6%となっている。ブロック別シェアでは関東27.3%に次ぎ、以後東北、北海道と続く。  都道府 […]

    詳細 >