九州食品産業特集

九州食品産業特集:西田精麦 ハト麦で海外支援

農産加工 2020.06.29 12073号 18面
本社工場(食品工場)

本社工場(食品工場)

西田啓吾社長

西田啓吾社長

そのままたべられる九州もち麦フレーク

そのままたべられる九州もち麦フレーク

 西田精麦は、1929年創業の熊本県に本拠地を置くメーカー。焼酎や味噌の原料となる大麦を加工する精麦事業、畜産農家向けの飼料製造事業、麦製品開発・販売事業の三つを柱としている。  2019年秋には新たな食品工場が稼働。現在も、設備追加を続けている。同工場を通じ、粉砕、アルファ化、焙煎といったさまざまな工程を組み合わせることで、多様な商品に対応できる環境を整える。現在は使用してない2階部分のスペースをどう生かしていくかは今後検討を重ねる。  食品のコンセプトには、「シンプルでや

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 九州食品産業特集

    九州食品産業特集

    総合

     農林水産省によると、2018年の全国、九州農業の産出額は全国で9.1兆円、九州で1.8兆円で、九州における全国シェアは19.6%となっている。ブロック別シェアでは関東27.3%に次ぎ、以後東北、北海道と続く。  都道府 […]

    詳細 >