九州食品産業特集

九州食品産業特集:ヤマエ食品工業 老朽施設の更新を

調味 2020.06.29 12073号 21面
本社工場

本社工場

江夏喜一郎社長

江夏喜一郎社長

高千穂峡つゆ

高千穂峡つゆ

 ヤマエ食品工業では昨年11月、工場エネルギー源を重油から天然ガスに転換し、環境に配慮した工場としてスタートしている。来年創業150周年を迎えることもあり、明治3年以来その歴史を刻んでいるが、設備は順次、老朽化した施設を新規更新している。  特に、醤油の調合ろ過設備はこの数年以内に新規導入する予定で、さらなる品質の安定化に力を入れる。  近年、業務用加工調味料の強化を進め、常温温度帯、チルド温度帯を含めて得意の粘性のあるたれ類が好調に推移し、特に南九州では畜産王国でもあり、精

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 九州食品産業特集

    九州食品産業特集

    総合

     農林水産省によると、2018年の全国、九州農業の産出額は全国で9.1兆円、九州で1.8兆円で、九州における全国シェアは19.6%となっている。ブロック別シェアでは関東27.3%に次ぎ、以後東北、北海道と続く。  都道府 […]

    詳細 >