九州食品産業特集

九州食品産業特集:鶴味噌醸造 今年で創業150周年

味噌・醤油 2020.06.29 12073号 23面
本社工場

本社工場

吉開元治社長

吉開元治社長

相撲味噌

相撲味噌

 鶴味噌醸造は1870年、余米の価値を高めるために味噌醸造を開始し今年で150周年となった。柳川の歴史に残る企業でもあるが、1929年には、合資会社吉開商店を設立後、56年現社名となった。当時は特に軍用物資の陸海軍御用達として納め、品質で高い評価を得ていた。  以後、九州各地区に販売網を整備し、製品はほぼ全九州に商品が配荷された。昭和40年代ごろから味噌加工品を開発し、現在「金山寺みそ」「ごまみそ」「にんにくみそ」「ねぎみそ」「青唐辛子みそ」「ゆずみそ」があり、同社の特徴とな

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 九州食品産業特集

    九州食品産業特集

    総合

     農林水産省によると、2018年の全国、九州農業の産出額は全国で9.1兆円、九州で1.8兆円で、九州における全国シェアは19.6%となっている。ブロック別シェアでは関東27.3%に次ぎ、以後東北、北海道と続く。  都道府 […]

    詳細 >