漬物特集

漬物特集:キムチ動向=積極的な販促で国産が伸びる、韓国産も2桁増

農産加工 2019.07.06 11904号 07面

 国産キムチは原料野菜の白菜が豊作で、需要期の増量セールなど販売促進がしやすかった。キムチ大手の主要商品は前年より若干値を下げて販売されたようだ。韓国キムチはここ数年、政治的要因もあって不振傾向が続いていたが18年は2桁の伸びで大幅に上向いた。  18年末以降、比較的温暖で、白菜の生育が進んだ。国産キムチは年末年始の需要期に前年比2桁増で推移したものとみられている。17年秋から18年3月ごろまでは原料が高く、販売促進がかけられず需要期にもかかわらずチャンスロスとなった。18年

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 漬物特集

    漬物特集

    農産加工

     秋本食品は6月18、19の両日、東京流通センターで「第41回全国漬物・惣菜展示見本市」を開催した。秋本会会員企業を中心に60社が出展し、秋冬の新商品、定番商品を披露した。恒例のメニュー提案コンテストコーナーのほか、地方 […]

    詳細 >