中部新春特集

中部新春特集:名糖産業・三矢益夫代表取締役社長 中核ブランドを強化

菓子 2022.01.25 12352号 15面

 新型コロナウイルスのまん延が続く中、ワクチン接種が進み、少しずつコロナ禍以前の生活を取り戻し、景気回復の兆しが見え始めた。その一方で、食品のたび重なる値上げや原油の値上がりによるガソリン価格の高騰が、個人消費の回復に水を差す形となり、厳しい状況は続いた。
 20年はコロナ禍でのいわゆる「巣ごもり消費」が追い風となり、食品事業は大きく伸長した。21年は「巣ごもり消費」も一段落し、コロナ禍の不安要素が払しょくできない状況からか、消費者の節約志向は継続し、

  • 中部新春特集

    中部新春特集

    総合

     2022年こそは、新型コロナウイルス感染症の終息を願っている。愛知県では昨年、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が絶えず発令されたが、外食産業に従事する多くの人がどれほど困難な状況に陥ったのか。コロナ禍での機会損失は計 […]

    詳細 >