近畿中四国業務用低温卸流通特集

近畿中四国業務用低温卸流通特集:大洋産業・大月年春社長 メディケア関連好調

卸・商社 2022.06.04 12410号 03面
大月年春社長

大月年春社長

 大洋産業の21年9月期は売上高41億円(前年比6%減)と増益で着地。近年注力するメディカル業態への取組みが着実に進んだ。会社設立60周年の今期は積極的な新規開拓で売上高50億円(同20%増)を計画する。車両動態管理やロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の活用など、デジタル化で徹底的な業務改革も図る。大月年春社長に進ちょくと期末見通しを聞いた。(深瀬雅代)

 ●60周年機にDX化推進

  • 近畿中四国業務用低温卸流通特集

    近畿中四国業務用低温卸流通特集

    卸・商社

     2021年の業務用食品業界も新型コロナウイルス対策に奔走した。外食産業市場規模が前年比3割減の18兆2005億円(日本フードサービス協会推計)となった20年に続き、21年も外食産業は年間通じてほぼ規制下に置かれた。秋に […]

    詳細 >