近畿中四国業務用低温卸流通特集

近畿中四国業務用低温卸流通特集:デパ地下 阪神梅田本店 「食の阪神」に磨き

小売 2022.06.04 12410号 09面
ありそうでなかった、デパ地下各店の惣菜・弁当・おにぎりを1ヵ所で買える「コンビニデリカ」

ありそうでなかった、デパ地下各店の惣菜・弁当・おにぎりを1ヵ所で買える「コンビニデリカ」

冷凍ギョウザに特化し、約50種類を販売

冷凍ギョウザに特化し、約50種類を販売

各店のイチオシ惣菜をドーンとのっけた「のっけ盛り弁当」

各店のイチオシ惣菜をドーンとのっけた「のっけ盛り弁当」

発酵をテーマにしたマルコメ初の惣菜専門店「発酵DELICATESSEN」

発酵をテーマにしたマルコメ初の惣菜専門店「発酵DELICATESSEN」

象印マホービンの炊飯ジャー「炎舞炊き」で炊き上げたご飯を使った「象印銀白おにぎり」

象印マホービンの炊飯ジャー「炎舞炊き」で炊き上げたご飯を使った「象印銀白おにぎり」

 「食の阪神」と親しまれる阪神梅田本店が、約7年のリニューアル工事を終え、4月6日にオープンした。建て替え計画は2018年4月に1期棟が竣工し、2期棟は21年10月から段階的に先行開業を進めてきた。今回、「日本一の王道デパ地下」をうたう地下1階「阪神食品館」の開業をもって全館のリニューアルが完了。飲食店を含む食品の売場面積は建て替え前と比べて、38%増の1万8000平方mとなり、売上高に占める比率も58%に引き上げる。「食の阪神」の強みに磨きをかけ、22年度の売上高目標730

  • 近畿中四国業務用低温卸流通特集

    近畿中四国業務用低温卸流通特集

    卸・商社

     2021年の業務用食品業界も新型コロナウイルス対策に奔走した。外食産業市場規模が前年比3割減の18兆2005億円(日本フードサービス協会推計)となった20年に続き、21年も外食産業は年間通じてほぼ規制下に置かれた。秋に […]

    詳細 >