プラントベースフード/代替食特集

プラントベースフード/代替食特集:みまつ食品 大豆の餃子、環境負荷低減目指す

惣菜・中食 2021.09.03 12287号 10面

 ギョウザなど中華惣菜専門メーカーのみまつ食品(前橋市)は9月1日から、「地球と環境のことを考えて作った大豆の餃子」を発売した。商品名に明確なメッセージ性を込めた。主原料だけでなく容器・包材なども見直し、商品を通じた環境負荷低減を目指す。
 昨年は、ミートフリー商品として大豆を使った「お肉のような焼売」を発売。販売規模は小さかったものの、大豆ミートに取り組む企業姿勢をアピールでき、新たな取引へつながった。今年は、同社主力カテゴリーの餃子商品にシフトする

  • プラントベースフード/代替食特集

    プラントベースフード/代替食特集

    総合

     ◆裾野、確実・急速に拡大 「健康」に続き「環境」伸びしろに 次世代型食品の筆頭格であり、世界を席巻する“フードテック”の中核分野でもあるプラントベースフード(PBF)・代替食。地球規模で重要性が増しているサステナビリテ […]

    詳細 >