プラントベースフード/代替食特集

プラントベースフード/代替食特集:メーカー・卸・行政の取組み

総合 2021.09.03 12287号 12面

 メーカーや小売に限らず、プラントベースフード(PBF)には業界全般から熱視線が送られている。国内市場は現状、300億円に満たないが、今後、継続的な伸長が確実視されている中、大手の本格参入や卸の取組み強化などが特に20年から強まっている。行政サイドでもフードテックの核を担う産業として、各研究会などを発足。大手卸の取組みや今夏秋の大手参入、農林水産省「みどりの食料システム戦略」にみられる同市場への基本姿勢をみる。(村岡直樹)

  • プラントベースフード/代替食特集

    プラントベースフード/代替食特集

    総合

     ◆裾野、確実・急速に拡大 「健康」に続き「環境」伸びしろに 次世代型食品の筆頭格であり、世界を席巻する“フードテック”の中核分野でもあるプラントベースフード(PBF)・代替食。地球規模で重要性が増しているサステナビリテ […]

    詳細 >