プラントベースフード/代替食特集

プラントベースフード/代替食特集:メーカーの取組み=大手メーカー 本格参入が相次ぐ

総合 2021.09.03 12287号 12面
「Violife 植物生まれのとろけるスライスチェダータイプ」(Jーオイルミルズ)

「Violife 植物生まれのとろけるスライスチェダータイプ」(Jーオイルミルズ)

業務用市場で提案中の「HOBOTAMA」

業務用市場で提案中の「HOBOTAMA」

 ●国内市場の拡大後押し
 国内でも注目度が急上昇し、サステナブルやSDGsなどとの親和性も極めて高いプラントベースフード。21年夏秋は、従来以上に本格参入し、活性化の意欲を示す大手企業が多く、新たな注力分野に位置付ける動きが目立つ。
 一例として、植物由来で作ったスクランブルエッグ風商品「HOBOTAMA(ほぼたま)」を業務用で提案するキユーピーと世界的ブランド「Violife(ビオライフ)」の展開をスタートするJ-オイルミル

  • プラントベースフード/代替食特集

    プラントベースフード/代替食特集

    総合

     ◆裾野、確実・急速に拡大 「健康」に続き「環境」伸びしろに 次世代型食品の筆頭格であり、世界を席巻する“フードテック”の中核分野でもあるプラントベースフード(PBF)・代替食。地球規模で重要性が増しているサステナビリテ […]

    詳細 >