中部外食産業特集

中部外食産業特集:卸インタビュー=黒地商店・黒地将典社長

外食 2019.11.30 11978号 04面

 ●新規開拓で売上げ伸ばす 既存品の知識高め営業強化  19年9月期は、ほぼ横ばいで推移。昨年7月の豪雨災害によるJR高山線の不通の影響もあったことでそれほど伸長しなかった。また、最近、海外の観光客が増えていることに伴いホテルの建設が続く高山市内で大規模ホテルが改築中で、そのホテル内にあるレストランの休業の影響が大きい。この影響で落ち込んだ分を老健分野でカバーしている。業態別売上構成比は、ホテル・旅館関係が4割、学校給食3割、老健2割、個人外食店1割。学校給食は高山市内が低調

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食産業特集

    中部外食産業特集

    外食

    ●問われる消費者モラル 今年も年末年始に向け各地で活発な動きが見られる。行楽シーズンが到来し、全国でさまざまな催しが行われる中、名古屋の人気スポットの一つに数えられる大須商店街では10月19・20の両日、「第42回大須大 […]

    詳細 >