中部外食産業特集

中部外食産業特集:卸インタビュー=中部食糧・水井雅博社長

外食 2019.11.30 11978号 03面

 ●「製造卸」さらなる進化へ 来春、チルド生産ライン稼働  今期(19年1月~)方針は、引き続き「製造卸」を志向した取組みを加速させるとともに、社会全体の人手不足という課題の中で、商品を含めて「集中と選択」を進めた。その結果、取引の消失もあったが、それ以上に工場給食やドラッグストアの惣菜ルート、そのほか魚惣菜、肉惣菜などの新たな需要に柔軟に対応する取組みで新規開拓につながり、10月までの累計売上高は前年比4~5%増で推移し、今期着地は予算通り、前年比3%増の約120億円を見込

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食産業特集

    中部外食産業特集

    外食

    ●問われる消費者モラル 今年も年末年始に向け各地で活発な動きが見られる。行楽シーズンが到来し、全国でさまざまな催しが行われる中、名古屋の人気スポットの一つに数えられる大須商店街では10月19・20の両日、「第42回大須大 […]

    詳細 >