中部外食産業特集

中部外食産業特集:卸インタビュー=サカツコーポレーション・牧野充宏社長

外食 2019.11.30 11978号 03面

 ●「攻め」「企業価値向上」を 環境変化に対応し基盤構築  20年3月期の上期売上高は、前年比1%増と順調であった。特に9月単月では、消費増税前の特需で小売店部門・アルコ事業が同30%増を記録。しかし、10月以降は特需の反動が大きく、11月に関してもG20開催などで実質4日間の配達規制を強いられるため、前年割れと厳しい。  今年は令和という新たな時代を迎えるも、祝賀ムードによる経済効果は小さく、軽減税率導入の過剰報道などで、消費者の節約意識は依然高い。働き方改革や若年層の酒離

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食産業特集

    中部外食産業特集

    外食

    ●問われる消費者モラル 今年も年末年始に向け各地で活発な動きが見られる。行楽シーズンが到来し、全国でさまざまな催しが行われる中、名古屋の人気スポットの一つに数えられる大須商店街では10月19・20の両日、「第42回大須大 […]

    詳細 >