近畿・中国・四国発活躍する企業特集

近畿・中国・四国発活躍する企業特集:卸売動向=四国エリア

卸・商社 2020.09.30 活躍号 41面

 四国地区は消費環境が厳しくなる中、四国圏外小売業の出店が相変わらず続き、市場は厳しさを増している。四国のスーパーマーケットの店舗(19年1月)は113企業、3675店が展開している。四国の大手卸各社は閉そくした市場の中での成長の模索が続いていくことになる。
 19年11月香川のバンタム級チェーンのマルヨシセンターが第三者割当で広島のイズミに約20%の資本を渡す資本業務提携を行った。四国の小売業界はフジ、マルナカを含むイオンの一大グループと、イズミが進

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿・中国・四国発活躍する企業特集

    小売

     ●ロピアの関西進出でシェア争いさらに激化 コロナ禍で食品スーパー伸長も下期は不透明 近畿エリアにおいては、神奈川県を中心に東京都・千葉県・埼玉県で51店舗(2020年7月現在)を展開しているロピアの関西進出が注目を集め […]

    詳細 >