食品ヒット大賞特集

食品ヒット大賞特集:ロングセラー賞=井村屋「肉まん」「あんまん」

小麦加工 2020.02.17 12015号 34面

 ●「肉まん・あんまん」の名称にこだわり 600種類以上を開発し市場創出  井村屋の肉まん・あんまんシリーズは、同社が元々有していたつぶあんの技術と包あんの技術を生かしてまずは「あんまん」、そして「肉まん」を1964年に発売し、その後、カレーまん、ピザまんの売れ筋トップ4を始め、プリンまん、イカスミまんなど、数々のヒット商品を創出。発売初年度の売上高は140万円だったが、現在は162億円(18年度)を売り上げる大ヒットシリーズに成長し、2019年に発売55周年を迎えた。  同

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 食品ヒット大賞特集

    食品ヒット大賞特集

    総合

     日本食糧新聞社制定、令和元年度「第38回食品ヒット大賞」および「第33回新技術・食品開発賞」の受賞商品が決まった。令和に入って初めての今年は、「大賞なし」の結果となったが、受賞商品には簡便性、より調理食化、機能性や健康 […]

    詳細 >