介護食品特集

介護食品特集:高齢者向け食品の国内市場調査 2025年市場予測2046億円 富士経済

惣菜・中食 2020.07.27 12087号 07面

 ●調理人員・時間・コストの削減、衛生面リスク低減メリットなどで需要増加  富士経済は、高齢者人口が増加する中で、在宅では老老介護やライフスタイルの変化、施設では深刻な人手不足を背景に高まる調理の簡略化需要、介護や健康寿命の延伸を目的に拡大する高齢者向け食品の国内市場を調査した。その結果を2月に「高齢者向け食品市場の将来展望 2019」にまとめて発刊した。その一部を紹介する。(福島厚子)  ●調査結果の概要  ○高齢者向け食品=低価格から高単価・高付加価値商品にシフト  高齢

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 介護食品特集

    介護食品特集

    惣菜・中食

     ●課題はウィズコロナ対応  コロナ禍でも、365日3食を提供する病院・診療所・介護老人保健施設・特別養護老人ホームなど施設給食の提供は行われた。給食提供関係者は、調理する職場に陽性患者が発生したときの対策に苦慮し、同施 […]

    詳細 >