介護食品特集

介護食品特集:厚生労働省 2020年度「特殊な調理対応」でえん下機能対応など講習

惣菜・中食 2020.07.27 12087号 06面

 厚生労働省は2020年度事業の健康増進栄養サミット2020を契機とした食環境づくりの「特殊な調理に対応できる調理師研修事業」(予算4000万円)で、今後の高齢化のさらなる進展に向けて、飲食店、医療・介護施設などに勤務する調理師が、対象者の嚥下機能、栄養状態、嗜好などを踏まえた嚥下調整食を適切に調理できるように研修の実施を予定している。  また、日本における調理の特性を考慮しながら、ハラールに対応できる知識や技術を普及するための研修を引き続き実施する。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 介護食品特集

    介護食品特集

    惣菜・中食

     ●課題はウィズコロナ対応  コロナ禍でも、365日3食を提供する病院・診療所・介護老人保健施設・特別養護老人ホームなど施設給食の提供は行われた。給食提供関係者は、調理する職場に陽性患者が発生したときの対策に苦慮し、同施 […]

    詳細 >