介護食品特集

介護食品特集:吉野家 「うなぎ蒲焼(やわらかうなぎ)」 そのままで食べられる

惣菜・中食 2021.09.01 12286号 09面

佐久間宗近氏

佐久間宗近氏

 ◇第7回「介護食品・スマイルケア食コンクール」入賞商品
 ●金賞「うなぎ蒲焼(やわらかうなぎ)」
 吉野家の「うなぎ蒲焼(やわらかうなぎ)」は、広島県が特許を持つ「凍結含浸法」を用い、身を軟らかく加工。「凍結含浸法」とは、食材に酵素などを急速に含浸させタンパク質を軟らかくする技術だ。さらに、タンパク質以外の小骨や皮も吉野家が独自開発した加工技術で、高齢者に食べやすいように加工した。かけダレもとろみを強くし、嚥下困難な高齢者も食

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 介護食品特集

    惣菜・中食

     日本は世界一高い高齢化率28.8%(2021年版高齢社会白書)で、25年は約30%、60年には40%に達すると見込まれている。農林水産省は介護食品に対する潜在的ニーズを2.9兆円(13年=要介護認定者数584万人×介護 […]

    詳細 >