コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:有力スーパー・生協の販売動向=コロナ禍で明暗分かれる

農産加工 2020.09.28 12123号 16面
多様な銘柄、大~小容量、健康米の品揃えで需要を喚起

多様な銘柄、大~小容量、健康米の品揃えで需要を喚起

新米の方が安い“親不孝”相場

新米の方が安い“親不孝”相場

 日本食糧新聞社は8月中~下旬、全国の有力スーパー・生協のコメ販売状況に関するアンケート調査を実施した。回答のあった14社中8社で、前期の販売数量が前年を上回り、5社で前年割れ。今第1四半期は、数量が7社で前年割れ、6社で上回るなど明暗が分かれた(表参照)。(佐藤路登世)

 ●需要の変化に柔軟対応へ
 コロナ禍の影響については「東京都知事のロックダウン発言から売上げが急増し、物

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     コメ消費減が加速化している。人口減、少子高齢化、食の多様化などで、近年日本人のコメ消費は毎年10万tずつ減少しているが、今年はそれを大幅に上回る前年より22万t少ない713万t(農林水産省・速報値)と見込まれる。(佐藤 […]

    詳細 >