コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:価格動向=業務用中心に販売減が加速

農産加工 2020.09.28 12123号 15面

 ●回復見込めず、厳しい状況続く
 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、業務用需要が落ち込み、コメ販売が不振に陥っている。農林水産省が7月30日に公表した「米穀の取引に関する報告」によると、3~6月のコメ需要量は、中食・外食用で前年比8万6000t(18%)減となった。家庭用は7万7000t(8%)増加したものの、業務用の落ち込みをカバーできていない。訪日外国人旅行者によるインバウンド需要の減少や、家庭用消費が主流なためロスの発生がないことが要

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     コメ消費減が加速化している。人口減、少子高齢化、食の多様化などで、近年日本人のコメ消費は毎年10万tずつ減少しているが、今年はそれを大幅に上回る前年より22万t少ない713万t(農林水産省・速報値)と見込まれる。(佐藤 […]

    詳細 >