コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:大塚食品 低糖質ごはん「マンナンヒカリ」定番へ

農産加工 2020.09.28 12123号 17面

 大塚食品が展開するコンニャク生まれの米粒状加工食品「マンナンヒカリ」は、“低糖質ごはん=マンナンヒカリ”というポジションの獲得を目指し、今秋冬も取り組む。糖質を気にして、ご飯の量を減らす傾向の中、「マンナンヒカリ」なら気兼ねなく食べられる、楽しく食事ができるという点を訴求し、コメ市場の活性化につなげていく。
 「マンナンヒカリ」は2018年からパッケージに「糖質33%カット」表示を加え、糖質オフを訴求し始めたところ、売上げが好転し、20年も好調に推移

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     コメ消費減が加速化している。人口減、少子高齢化、食の多様化などで、近年日本人のコメ消費は毎年10万tずつ減少しているが、今年はそれを大幅に上回る前年より22万t少ない713万t(農林水産省・速報値)と見込まれる。(佐藤 […]

    詳細 >