コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:コメ産地=新潟県 「新之助」PR強化

農産加工 2020.09.28 12123号 19面
「新之助」

「新之助」

 ●関西へ販促エリア拡大
 需要に応じたコメ作りを推進する新潟県では、主力「コシヒカリ」と「こしいぶき」中心の家庭用に加えて、業務用で人気の「みずほの輝き」「ゆきんこ舞」、多収品種「あきだわら」「つきあかり」など多様な銘柄を生産する。
 全農新潟県本部では、20年産新潟米広報宣伝活活動としてラグビーの稲垣啓太選手をイメージキャラクターに起用し、県内と大都市圏で10月、TVCMを投入する。
 一方、本格デビ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     コメ消費減が加速化している。人口減、少子高齢化、食の多様化などで、近年日本人のコメ消費は毎年10万tずつ減少しているが、今年はそれを大幅に上回る前年より22万t少ない713万t(農林水産省・速報値)と見込まれる。(佐藤 […]

    詳細 >