コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:JA北河内 エコレンゲ栽培米を住民の誇りに

農産加工 2020.09.28 12123号 24面
JA北河内が運営する「ふれあいセンター」の棚に並ぶ「しあわせのれんげっ娘」

JA北河内が運営する「ふれあいセンター」の棚に並ぶ「しあわせのれんげっ娘」

パックご飯も商品化

パックご飯も商品化

 枚方・交野・寝屋川・門真・守口市の大阪東北エリアで、地元産ヒノヒカリを使った「しあわせのれんげっ娘」が、地域住民の間で人気だ。同エリアを管内に展開するJA北河内が、生産から販売、6次産業(加工)、ブランド化まで一貫して取り組む「エコレンゲ栽培米」で、当初(07年)は9人の生産者が面積0.9haでスタート。20年産米は168人で53ha10倍以上まで拡大し、耕地面積縮小や農家高齢化に直面する大都市農地を守るとともに、地域住民の誇りとなっている。
 レン

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     コメ消費減が加速化している。人口減、少子高齢化、食の多様化などで、近年日本人のコメ消費は毎年10万tずつ減少しているが、今年はそれを大幅に上回る前年より22万t少ない713万t(農林水産省・速報値)と見込まれる。(佐藤 […]

    詳細 >