コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:コメ産地=秋田県 新品種、22年秋登場

農産加工 2020.09.28 12123号 19面
秋田米のシンボル

秋田米のシンボル

 ●秋田米フラッグシップへ
 秋田県では、「あきたこまち」を中心に「ひとめぼれ」「めんこいな」など多様な銘柄を生産し、消費ニーズに対応する。目下、コシヒカリを超える食味を追求した秋田米のフラッグシップ(最上位)となる新品種開発を進め、ネーミングが全国公募を通じて11月に発表予定で、21年から先行販売開始し、22年秋に市場デビューする。
 新品種は選抜段階で食味重視で絞り込み「秋系821」に決定。白くてツヤがあり、粒感のあるふっく

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     コメ消費減が加速化している。人口減、少子高齢化、食の多様化などで、近年日本人のコメ消費は毎年10万tずつ減少しているが、今年はそれを大幅に上回る前年より22万t少ない713万t(農林水産省・速報値)と見込まれる。(佐藤 […]

    詳細 >