コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:有力卸動向=ライスフレンド 「玄米すうぷりぞっと」2種発売

農産加工 2020.09.28 12123号 18面

 ライスフレンドは在阪有力コメ卸グループの津田物産グループで、営業や販促業務を担う。前12月期は減収増益で着地。今期は、19年産米が5年連続で値上げとなる一方、コロナ禍で業務用中心の大幅需要減に見舞われる中にあって、商品アイテムの絞り込みや仕入れ合理化、システム化による内部効率化など、地道な改善・改革活動を推進し、成果を挙げている。春以降の販売状況は3~4月は好調だったが、5月は家庭内在庫の増加による反動減、6月以降徐々に回復し、トータルで前年並みとなった。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     コメ消費減が加速化している。人口減、少子高齢化、食の多様化などで、近年日本人のコメ消費は毎年10万tずつ減少しているが、今年はそれを大幅に上回る前年より22万t少ない713万t(農林水産省・速報値)と見込まれる。(佐藤 […]

    詳細 >