コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:コメ産地=宮城県 ユーザーニーズに対応

農産加工 2020.09.28 12123号 19面
「だて正夢」

「だて正夢」

 ●ブランド化戦略推進  宮城県では、適度な粘りで人気の「ひとめぼれ」が全作付面積の76.7%を占めるほか、あっさり食感の「つや姫」や、寿司・和食料理人に不動の人気を誇る「ササニシキ」、18年に本格デビューした「だて正夢」、高栄養と良食味を兼備した玄米食専用品種「金のいぶき」などを揃え、行政や関係機関一体となった「みやぎ米ブランド化戦略」を推進している。  ユーザーニーズに応える生産ボリュームとして、「だて正夢」や有機栽培米などフラッグシップ米がシェア約5%、「ひとめぼれ」や

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     コメ消費減が加速化している。人口減、少子高齢化、食の多様化などで、近年日本人のコメ消費は毎年10万tずつ減少しているが、今年はそれを大幅に上回る前年より22万t少ない713万t(農林水産省・速報値)と見込まれる。(佐藤 […]

    詳細 >