プラントベースフード/代替食特集

プラントベースフード/代替食特集:小売動向=代替食の開発進む コーナー化も広がる

小売 2020.06.29 12073号 09面
チルドの売場でも大豆ミート商品でコーナー展開するほど商品が増えた=イオンスタイル有明ガーデン

チルドの売場でも大豆ミート商品でコーナー展開するほど商品が増えた=イオンスタイル有明ガーデン

ドライグロサリーでも専用コーナー化で訴求=フードスクエアカスミ新利根店

ドライグロサリーでも専用コーナー化で訴求=フードスクエアカスミ新利根店

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、コンビニエンスストア(CVS)の小売各社は商品開発に代替食の活用を進めている。イオンは植物由来の食材を健康でおいしく摂取する「ベジティブ」を提案している。PB(自主企画)商品の「トップバリュ」でご飯を野菜に置き換える「ベジスイッチ」シリーズなどを展開する。セブン&アイグループもPB「セブンプレミアム」で大豆ミートを使ったチルド惣菜を6月8日に発売した。CVSではファミリーマートが大豆ミートを食材に使った中食を発売し、好評で第2弾商品まで開発した。SMでもドライグロサリーやチルドのデイリー商品の売場でコーナー化するなど代替食への期待が高まっている。(山本仁)

イオンのベジティブとして肉を大豆ミートに、乳製品を豆乳に置き換える提案も積極的に推進しており、専用のホームページでは白米や小麦の代替の紹介も予定されている。すでにトップバリュで展開する「ベジスイッチ」はご飯を野菜に置き換えることで、カロリーや糖質を抑えるとともに、食物繊維を摂取できる利点を打ち出し、健康志向に応えたものだ。

「トップバリュ お米のかわりに食べる」シリーズは、カリフラワーやブロッコリーなどの野菜をコメのサイズに細かく刻み、冷凍した商品で、ホームページでさまざまなレシピも紹介している。ほかにも大豆ミートを使った「大豆からつくったハンバーグ」も販売しており、豊富な品揃えを展開している。

セブン&アイもセブンプレミアムで代替食の導入に着手した。大豆ミートでつくったボロネーゼにショートペンネを合わせた「大豆ミートのボロネーゼペンネ」のほか、「野菜と大豆ミートのタコスミート」はスパイシーな香りがパンやご飯に合うほか、タコライスやトルティーヤに挟んでも楽しめる。

CVSではファミリーマートが中食商品で大豆ミートを活用している。ファミリーマートは大豆ミートを使ったハンバーグ丼「ベジバーグ丼」を3月に発売した。同社として初めて日本ベジタリアン協会のビーガン推奨マークを取得した商品で、5月にも第2弾として「大豆のお肉!キーマカレー」も販売した。第1弾商品の購入者の6割が女性で、販売終了後も大豆ミート使用の商品を要望する声が寄せられたため、商品化されたという。

売場でも大豆ミートのコーナー化が広がっている。「イオンスタイル有明ガーデン」(東京都江東区)ではハム・ソーセージのチルドコーナーに大豆ミートを使ったハンバーグやカツなどの商品を集めて「いつものお肉を大豆MEATに代えてみて!」と棚上の目立つ位置にPOPをつけて訴求するほか、ビーガンコーナーにも大豆ミート商品を豊富に揃えている。2月に開店した「サミットストア上星川店」(横浜市)でもドライグロサリー売場で大豆ミートの専用POPを棚につけて、高タンパクと低カロリーを訴求する。「フードスクエアカスミ新利根店」(茨城県)でも「大豆のお肉」と題してエンドでコーナー展開し、来店客に打ち出した。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • プラントベースフード/代替食特集

    プラントベースフード/代替食特集

    総合

     植物性原料を使ったプラントベースフード(PBF)や代替食の市場が存在感を大きく強めている。最大の話題は世界的にも注目を集めた植物肉で、今春は食肉加工大手はじめ食品メーカーが相次ぎ参入したほか、ファストフード大手やCVS […]

    詳細 >