プラントベースフード/代替食特集

プラントベースフード/代替食特集:ヤマモリ 2つのシリーズで展開 商品群30%増目指す

調味 2020.06.29 12073号 10面
「BOTANIC 大豆ミートの濃厚ドリアソース」(右)と「2050年カレー ペッパーチリ」

「BOTANIC 大豆ミートの濃厚ドリアソース」(右)と「2050年カレー ペッパーチリ」

 【中部】ヤマモリは植物性代替肉関連商品で、現在二つのシリーズを販売している。一つは、「体へのやさしさ」がコンセプトの「BOTANIC」シリーズ。そして「持続可能性」と「環境へのやさしさ」をコンセプトにした「2050年カレー」。  BOTANICリーズは、自分の体を内側から整えたい若い女性に向け、心と体にやさしく、手軽で満足感ある食事を目指して開発。大豆ミート以外の原材料も100%植物性にこだわったレトルト食品。18年12月に「本格キーマカレー」を、20年4月に「濃厚ドリアソ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • プラントベースフード/代替食特集

    プラントベースフード/代替食特集

    総合

     植物性原料を使ったプラントベースフード(PBF)や代替食の市場が存在感を大きく強めている。最大の話題は世界的にも注目を集めた植物肉で、今春は食肉加工大手はじめ食品メーカーが相次ぎ参入したほか、ファストフード大手やCVS […]

    詳細 >