プラントベースフード/代替食特集

プラントベースフード/代替食特集:みまつ食品 「お肉のような焼売」発売

惣菜・中食 2020.06.29 12073号 10面
2月から発売の「大豆を使ったお肉のような焼売」は販売計画通り順調な出足

2月から発売の「大豆を使ったお肉のような焼売」は販売計画通り順調な出足

 ●レンジ1分の簡便性  ギョウザなど中華巻物惣菜専門メーカーのみまつ食品(前橋市)は2月から、動物性肉不使用の「大豆を使ったお肉のような焼売」(10個入298円)を発売した。トレーのままレンジで1分という簡便性が特徴。東北から関西まで販売エリアが広がり、発売3ヵ月で週販6000個の目標をクリアし始めている。  今年50周年を迎えた同社は、売上げの約7割をギョウザが占め、市販・業務用ともに幅広く展開。ミートフリーの商品開発に着手したのは約1年前。スポーツ人口の増加など健康意識

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • プラントベースフード/代替食特集

    プラントベースフード/代替食特集

    総合

     植物性原料を使ったプラントベースフード(PBF)や代替食の市場が存在感を大きく強めている。最大の話題は世界的にも注目を集めた植物肉で、今春は食肉加工大手はじめ食品メーカーが相次ぎ参入したほか、ファストフード大手やCVS […]

    詳細 >