プラントベースフード/代替食特集

プラントベースフード/代替食特集:JA全農 ベジライスを共同開発

農産加工 2020.06.29 12073号 11面

 ●国産野菜使い農業振興も  野菜を細かくカットし、ご飯に混ぜることで、糖質やカロリーを抑えるベジライス。JA全農は、スーパーやカット野菜のマルマサフードとの共同開発を通じて「国産ブロッコリーライス」を商品化。昨年12月から今年1月までの期間限定で、首都圏スーパーの店舗で、「直火炒め炒飯」と「ビーフカレー」の米飯惣菜2品を販売した。  加工は、マルマサフードの委託加工先に近い、埼玉県熊谷市の契約農家が原料ブロッコリーを栽培。花蕾はもとより、軸の部分まで余すことなく使用するため

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • プラントベースフード/代替食特集

    プラントベースフード/代替食特集

    総合

     植物性原料を使ったプラントベースフード(PBF)や代替食の市場が存在感を大きく強めている。最大の話題は世界的にも注目を集めた植物肉で、今春は食肉加工大手はじめ食品メーカーが相次ぎ参入したほか、ファストフード大手やCVS […]

    詳細 >