中部新春特集

中部新春特集:有力メーカートップに聞く=小笠原製粉・小笠原充勇社長

小麦加工 2020.01.25 12002号 17面

 ●少量多種で新規開拓  今期の状況は、中小の顧客先が廃業、事業縮小する環境に伴い、製粉事業の売上げは減少している。その事業環境の変化によって、19年10月には生産工場と倉庫を取り壊して、委託製造にし、生販分離を図る改革を行うことで、経営安定に努めた。売上構成比はこれまで小麦粉9、関連商品1だったが、今は小麦粉4、ラーメン3、関連商品3とラーメン事業が大きく伸び、今後も伸びる余地がある。  現在、主力事業の即席麺「キリマルラーメン」が好調で、積極的な営業活動をしない方針で、全

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部新春特集

    中部新春特集

    総合

     令和初の新年を迎えた。昨年、天皇・皇后両陛下が「即位の礼」「大嘗祭」をつつがななく終えられたことで、ある意味「令和」という新たな時代が本格的にスタートする。さらに今夏には56年ぶりの「東京オリンピック・パラリンピック」 […]

    詳細 >