中部新春特集

中部新春特集:有力メーカートップに聞く=名城食品・藤原正敏社長

小麦加工 2020.01.25 12002号 17面

 ●時流即した商品投入  昨年のチルド麺市場は、SCI(全国消費者パネル調査)に基づくと、11月累計では気候要因もあり、金額・物量ともに前年割れと低調であった。一方、直近11月では金額が同2.3%増、物量が前年並みとなり、回復の兆しが見えつつある。  前期(19年12月期)11月累計は、物量が前期比3.2%減も、価格改定の効果で売上げが同1.5%増で推移。カテゴリー別では主力焼そば群で「3食焼そば」が同8%減も、汎用(はんよう)性に富む「中華楼」が同9%増と伸長。また、単身・

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部新春特集

    中部新春特集

    総合

     令和初の新年を迎えた。昨年、天皇・皇后両陛下が「即位の礼」「大嘗祭」をつつがななく終えられたことで、ある意味「令和」という新たな時代が本格的にスタートする。さらに今夏には56年ぶりの「東京オリンピック・パラリンピック」 […]

    詳細 >