中部新春特集

中部新春特集:2020新春の抱負=甲羅・鈴木雅貴社長

外食 2020.01.25 12002号 03面

 ●中食意識した事業を  2019年は大変厳しい年だった。原価、人件費に加え、キャッシュレス決済、カード利用率の上昇によるコスト高が利益の圧迫につながった。これらの要因を解決するために経営体質の強化に取り組んでいる。また人財不足によるチャンスロスも大きなテーマ。店内での生産性を上げるために、厨房では一次加工品を使用するなどオペレーションの見直しに取り組み、ホールでは予約システムを導入するなど、人時生産性を高めることを強化している。  20年、当社の取組みは理念の浸透、既存店の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部新春特集

    中部新春特集

    総合

     令和初の新年を迎えた。昨年、天皇・皇后両陛下が「即位の礼」「大嘗祭」をつつがななく終えられたことで、ある意味「令和」という新たな時代が本格的にスタートする。さらに今夏には56年ぶりの「東京オリンピック・パラリンピック」 […]

    詳細 >