中部新春特集

中部新春特集:有力メーカートップに聞く=小出物産・小出守彦社長

卸・商社 2020.01.25 12002号 16面

 ●多様な提案力が武器  今年最大の注力点は、前期(19年3月期)に生じた小川香料との特約店解消に端を発した香料の新規獲得。新たなパートナーには、創業100年以上を誇る老舗総合香料メーカーで自社農場も保有する曽田香料と、独自の酵素処理技術を用いた多種多様な製品を有する第一物産をメーンに選択。  香料は採用までに長期的な姿勢での取組みが必要な分野だけに、現状では全てを補うまでの回復は至っていないものの、取り扱える商品ラインアップが増えたことで、提案品目数も提案可能な分野も拡大。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部新春特集

    中部新春特集

    総合

     令和初の新年を迎えた。昨年、天皇・皇后両陛下が「即位の礼」「大嘗祭」をつつがななく終えられたことで、ある意味「令和」という新たな時代が本格的にスタートする。さらに今夏には56年ぶりの「東京オリンピック・パラリンピック」 […]

    詳細 >