中部新春特集

中部新春特集:有力卸トップに聞く=種清・広瀬弘幸社長

卸・商社 2020.01.25 12002号 10面

 ●次世代最適体制構築進む 生産性向上目指し始動  --今期方針は。  19年4月から、21年度を最終年度とする新中期計画(68~70期)が始動した。「選ばれる菓子卸」の実現に向け、独自の調達や販売チャネル、他社がまねできない専門的リテールサポート機能など、独自の次世代型菓子卸機能の装備が不可欠。そのために新しい商流開拓、突き抜けた物流と情報の装備、顧客から頼られる「人柄」を付加した企業活動などを重要施策としている。  --新3ヵ年計画の初年度の取組みは。  今期は基礎整備期

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部新春特集

    中部新春特集

    総合

     令和初の新年を迎えた。昨年、天皇・皇后両陛下が「即位の礼」「大嘗祭」をつつがななく終えられたことで、ある意味「令和」という新たな時代が本格的にスタートする。さらに今夏には56年ぶりの「東京オリンピック・パラリンピック」 […]

    詳細 >