中部新春特集

中部新春特集:有力卸トップに聞く=伊藤忠食品・田村恭紹東海営業本部本部長

卸・商社 2020.01.25 12002号 11面

 ●会社超えて柔軟な発想を 広域つなぎ新価値創造  --市況は。  昨年は、7月の天候不順による飲料の不調や9月のラグビーW杯や消費税増税前の酒類の仮需、そして10月のポイント還元事業開始がトピックスに挙げられる。  市況は、消費者の節約志向が依然根強く、むしろ強まっているようにも感じる。特に消費増税後は、ポイント還元対象店やディスカウント系食品スーパーが好調で、価値訴求系などは苦戦を強いられている。  第一に、買い場の広がりも含め店舗や商品供給が過多という構造的な問題を抱え

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部新春特集

    中部新春特集

    総合

     令和初の新年を迎えた。昨年、天皇・皇后両陛下が「即位の礼」「大嘗祭」をつつがななく終えられたことで、ある意味「令和」という新たな時代が本格的にスタートする。さらに今夏には56年ぶりの「東京オリンピック・パラリンピック」 […]

    詳細 >