中部新春特集

中部新春特集:有力卸トップに聞く=北陸中央食品・澤田佳宏社長

卸・商社 2020.01.25 12002号 11面

 ●引き続き社員の育成注力 冷凍汎用センターが今春着工  --前期決算概要は。  19年8月期は増収微増益で着地した。売上高は前年比3%増の104億円。予算は下回ったものの、得意先さまの新店効果、さらに日配商品の新規帳合獲得が増収に寄与した。経常利益は、粗利額は増えたが、物流費や諸経費は増加傾向。ただ、前々期の除雪費用の増大などのその他経費が削減された。社員教育や自動発注システムなど未来への投資は積極的に行う一方、全社でコスト削減に努め、微増益となった。  --今期方針は。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部新春特集

    中部新春特集

    総合

     令和初の新年を迎えた。昨年、天皇・皇后両陛下が「即位の礼」「大嘗祭」をつつがななく終えられたことで、ある意味「令和」という新たな時代が本格的にスタートする。さらに今夏には56年ぶりの「東京オリンピック・パラリンピック」 […]

    詳細 >