中部新春特集

中部新春特集:2020新春の抱負=東海コープ事業連合・森政広理事長

小売 2020.01.25 12002号 02面

 ●課題は宅配事業改善  19年度も、台風をはじめ災害が多発する年であり、長野や宮城など被災地への支援活動のための職員の派遣や、組合員へ支援募金を呼びかけるなどの活動を進めた。  事業では、厳しい状況が続いている。宅配は、組合員を増やし、利用者を増やすことを中心に商品案内、OCR注文用紙、品揃え、E-フレンズのスマホ対応などの改善、懸案であったポイント制の導入(コープあいち)を実施したが、増税、休日、特に長期連休、気候変動(商品企画との相違)が激しく、供給額は前年を割る予測と

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部新春特集

    中部新春特集

    総合

     令和初の新年を迎えた。昨年、天皇・皇后両陛下が「即位の礼」「大嘗祭」をつつがななく終えられたことで、ある意味「令和」という新たな時代が本格的にスタートする。さらに今夏には56年ぶりの「東京オリンピック・パラリンピック」 […]

    詳細 >