関西四国新春特集

関西四国新春特集:地域商材=堺泉酒造 観光客に「特別純米酒」訴求

酒類 2020.01.30 12006号 15面

 大阪府堺市にはかつては95軒もの蔵元があり、灘に次ぐ酒どころとされた。だが1971年に最後に残った蔵元が閉蔵した。そして、2015年に44年ぶりに「堺の地酒」を世に送り出した堺泉酒造が、地元「百舌鳥・古市古墳群」のユネスコ世界文化遺産登録を祝し19年10月に発売したのが、「世界文化遺産登録記念(特別純米酒)」=写真=だ。  同社は茶の湯を確立した堺生まれの「千利休」の名を冠した純米大吟醸酒などを醸造する。一方で創業時から「世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群」をスローガ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 関西四国新春特集

    関西四国新春特集

    総合

     令和の新時代が幕開けした。中東情勢の不安定から始まり、中国の新型コロナウイルス問題、続いている米中経済情勢、英国のEU離脱決定と、世界経済と政治、社会情勢はより一層、不確実な時代に入った。  日本経済も昨年の消費増税で […]

    詳細 >