関西四国新春特集

関西四国新春特集:代替食品=食肉加工品メーカー 大豆ミート、各社市場参入へ

乳肉・油脂 2020.01.30 12006号 14面

 大手食肉加工品メーカーでは健康志向の高まりに対応し、業務用商品を中心に、大豆を主原料とした植物由来の「大豆ミート」を使用したハンバーグ、ハム、ソーセージ、豚カツ、唐揚げなどを展開している。現在は、味・食感も本物の肉に近いレベルまで達している。  家庭用商品については、丸大食品が先行して「ごちソイ シリーズ」(大豆バーグ)や、「大豆ライフ キーマカレー」「大豆ライフ 四川風麻婆豆腐の素」などを投入、今春の新商品では、日本ハム、伊藤ハムも家庭用商品市場に参入する。  日本ハムは

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 関西四国新春特集

    関西四国新春特集

    総合

     令和の新時代が幕開けした。中東情勢の不安定から始まり、中国の新型コロナウイルス問題、続いている米中経済情勢、英国のEU離脱決定と、世界経済と政治、社会情勢はより一層、不確実な時代に入った。  日本経済も昨年の消費増税で […]

    詳細 >