関西四国新春特集

関西四国新春特集:高齢化対応=名阪食品 スイーツブランド、ギフト展開が成功

菓子 2020.01.30 12006号 13面
「とろとろ万葉豆乳プリン」は介護食を強調しないことを配慮

「とろとろ万葉豆乳プリン」は介護食を強調しないことを配慮

 名阪食品は、やわらか食ブランド「そふまる」から新たにスイーツブランド「菓子處(かしどころ)そふまる令和元年」の展開を開始し、百貨店ギフトで「とろとろ万葉豆乳プリン」を19年の歳暮ギフトで販売した。同品は初販売ながら1000セットを売上げるなど好調な実績を残し、来年の中元ギフトでの採用も決まっている。  同品は豆乳の香りやコクのある風味を生かしたとろとろ食感のプリン。そのままでも、添付のイチゴ、オレンジ、ブルーベリーのジャムや黒蜜&きなこのソースをかけてもおいしい。介護食を手

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 関西四国新春特集

    関西四国新春特集

    総合

     令和の新時代が幕開けした。中東情勢の不安定から始まり、中国の新型コロナウイルス問題、続いている米中経済情勢、英国のEU離脱決定と、世界経済と政治、社会情勢はより一層、不確実な時代に入った。  日本経済も昨年の消費増税で […]

    詳細 >