関西四国新春特集

関西四国新春特集:SDGs=SRSホールディングス 数値でシステム化

外食 2020.01.30 12006号 07面

 ●食品ロスや廃棄物減少へ  「和食さと」や「天丼・天ぷら本舗さん天」などを運営するSRSホールディングスは、新中期経営計画「プロジェクトMIRAI」の経営ビジョンとして、必要不可欠な社会的インフラになることを目標に掲げ、働きやすい職場環境づくりや食の安心・安全に努めている。環境保全対策ではSDGsの「11.住み続けられるまちづくりを」に対応し、食品ロスや廃棄物量を数値化して減少に取り組む。  和食さとでは食品ロスの改善を図ろうと、その日の必要な食材の定数を算出した「仕込指示

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 関西四国新春特集

    関西四国新春特集

    総合

     令和の新時代が幕開けした。中東情勢の不安定から始まり、中国の新型コロナウイルス問題、続いている米中経済情勢、英国のEU離脱決定と、世界経済と政治、社会情勢はより一層、不確実な時代に入った。  日本経済も昨年の消費増税で […]

    詳細 >