関西四国新春特集

関西四国新春特集:インバウンド=近畿卸酒販組合 日本産酒類の需要喚起

卸・商社 2020.01.30 12006号 14面
羽田正敏理事長

羽田正敏理事長

 近畿卸酒販組合が、全国初となる卸組合主導でメーカーと業務用酒販店とともに、インバウンド需要の取り込みに注力している。会員卸やメーカーなどが実際に取り組んで得た成功事例を発表する会議を重ね、出席企業に成功事例を共有してもらうことで、近畿から国内飲食店でのインバウンドによる国産酒類の需要喚起につなげていく考えだ。  18年12月、近畿卸酒販組合の理事長に羽田正敏理氏(京都酒販社長)が就任。最重要課題として、「インバウンドの取り込み」を掲げた。19年3月には早速、メーカーや会員卸

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 関西四国新春特集

    関西四国新春特集

    総合

     令和の新時代が幕開けした。中東情勢の不安定から始まり、中国の新型コロナウイルス問題、続いている米中経済情勢、英国のEU離脱決定と、世界経済と政治、社会情勢はより一層、不確実な時代に入った。  日本経済も昨年の消費増税で […]

    詳細 >