関西四国新春特集

関西四国新春特集:インバウンド 好機を逃すな 全国初の取組みも

総合 2020.01.30 12006号 14面

 インバウンド需要がいわれて久しい。この機を逃すまいと各方面で取組みが続く。近畿卸酒販組合は、メーカーと業務用酒販店を巻き込み、全国初の卸組合主導のインバウンド需要開発を図る。台湾をターゲットに日本酒で訪日観光を促す動きも。またインバウンドによる抹茶の需要増で緑茶の輸出拡大につながる例も見られる。(藤林敏治)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 関西四国新春特集

    関西四国新春特集

    総合

     令和の新時代が幕開けした。中東情勢の不安定から始まり、中国の新型コロナウイルス問題、続いている米中経済情勢、英国のEU離脱決定と、世界経済と政治、社会情勢はより一層、不確実な時代に入った。  日本経済も昨年の消費増税で […]

    詳細 >