beyond2020特集

beyond2020特集:世界に伝える日本の食・酒類=清酒 ハレの場に不可欠

酒類 2020.05.06 12047号 18面
10月1日の「日本酒の日」には各地で日本酒による「一斉乾杯」が行われる

10月1日の「日本酒の日」には各地で日本酒による「一斉乾杯」が行われる

 ●輸出総額 10年連続過去最高  清酒は、主に水とコメを原料に糖化と発酵を同時に進行させる「並行複発酵」という独特の製法で醸造される。國酒の一つとされ、結婚式での「三三九度」など、お祝い事といった「ハレの場」にはつきものだ。ただ国内清酒市場は、少子高齢化や酒類間競争の激化による影響を受けている。国税庁によると清酒の課税移出数量(国内出荷数量)は、1973年度の177万klをピークに2018年度は約3分の1の49万klまで減少している。  酒造メーカーは伝統的な酒造りを継承す

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • beyond2020特集

    beyond2020特集

    総合

     2020年を越えて–。“beyond2020”は、日本文化の魅力を発信するとともに、20年以降を見据えたレガシー(遺産)創出のために、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務 […]

    詳細 >