beyond2020特集

beyond2020特集:世界に伝える日本の食・国民食=即席麺 6000億円規模に成長

小麦加工 2020.05.06 12047号 19面
日本人は1人当たり年間45.2回食べている即席麺

日本人は1人当たり年間45.2回食べている即席麺

 ●日本が誇る加工食品  即席麺(インスタントラーメン)市場は、歴史的には約60年と、戦後広まった食品だ。それが今では、6000億円に迫る規模に成長し、日本の食品として欠かせない商品となっている。日本で広まった即席麺が、国内にとどまらず海外まで波及しており、日本が誇る加工食品の一つだ。  日清食品が、1958年8月に「チキンララーメン」を発売したのが、世界初のインスタントラーメンの誕生となった。同じく、日清食品が71年9月に「カップヌードル」を発売したのがカップ麺の最初の商品

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • beyond2020特集

    beyond2020特集

    総合

     2020年を越えて–。“beyond2020”は、日本文化の魅力を発信するとともに、20年以降を見据えたレガシー(遺産)創出のために、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務 […]

    詳細 >