beyond2020特集

beyond2020特集:世界に伝える日本の食・飲料=緑茶 衣食住・用途は多岐

飲料 2020.05.06 12047号 17面
茶摘みの主流は採機だが、高級茶など一部では今でも手摘みで行われる

茶摘みの主流は採機だが、高級茶など一部では今でも手摘みで行われる

 ●今後の可能性も未知数  客人をもてなす際に発する「とりあえず、お茶でも」という言葉にもあるように、日本のもてなし文化に欠かせない緑茶。中国から仏教とともに伝わったお茶は、禅思想の影響を受けながら茶道として独自の様式を確立。共に過ごす客人との時間を大切にするために心を込め準備をする。このもてなしの基本思想とともに発展を遂げ、日本社会に浸透していった。  生産量は日本経済における高度成長期に伴う国内需要の拡大を受け、1975年にピークを迎える。緑茶は暮らしに密着した贈答品とし

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • beyond2020特集

    beyond2020特集

    総合

     2020年を越えて–。“beyond2020”は、日本文化の魅力を発信するとともに、20年以降を見据えたレガシー(遺産)創出のために、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務 […]

    詳細 >