beyond2020特集

beyond2020特集:わが社の自己ベスト・ロングセラー=テーブルマーク 冷凍うどんで市場創出

冷凍・チルド 2020.05.06 12047号 23面
香川雅司社長

香川雅司社長

 1956年の加ト吉創業後、冷食の分野でえびフライやコロッケ類が軌道に乗り新たな柱を模索する中で創業地・香川県の名産でもあるさぬきうどんに着目。市場になかった冷凍麺という新ジャンルへの挑戦に生みの苦しみを味わった。生産ラインは現在の連続ラインでなくバッチ式。74年に具材をセットした1人前200円の「冷凍さぬきうどん」を発売。翌年に1食80円の玉うどんも追加する。  80年には連続ライン、85年には真空ミキサーを導入し品揃えも拡充。品質は安定したがチルド麺に比べ割高な価格が原因

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • beyond2020特集

    beyond2020特集

    総合

     2020年を越えて–。“beyond2020”は、日本文化の魅力を発信するとともに、20年以降を見据えたレガシー(遺産)創出のために、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務 […]

    詳細 >