全国卸流通特集

全国卸流通特集:エリア別動向=四国 閉そく市場、成長の模索続く

卸・商社 2020.09.29 12124号 31面

 四国地区は、消費環境が厳しくなる中、四国圏外小売業の出店が相変わらず続き、市場は厳しさを増している。四国のスーパーマーケットの店舗(19年1月)は113企業、3675店が展開。四国の大手卸各社は、閉塞(へいそく)した市場の中での成長の模索が続いていくことになる。(大居政光)

 ●PBなど生産販売も進む
 19年11月香川のバンタム級チェーンのマルヨシセンターが第三者割当で広島

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国卸流通特集

    全国卸流通特集

    卸・商社

     ●過去経験ない「非接触」は想定外の域 新型コロナウイルスの感染拡大は、食品卸業界を取り巻く環境を一変させた。外出自粛で社内会議や取引先との商談はオンラインへ移行し、商品展示会は全面的に開催を中止。人手不足と感染拡大防止 […]

    詳細 >